薄着の季節になると特に気になるのが脇の下のイヤな臭いです。

実は、このわきがは女性ホルモンや男性ホルモンの
分泌と関係していることが知られています。

女性ホルモンや男性ホルモンが活発になる頃から、わきがの臭いが強くなるのです。

性ホルモンとわきがの関係について考えてみましょう。
そもそもわきがとは脇の下のアポクリン汗腺から分泌される汗その他の物質が、
細菌に分解されることによって発するイヤな臭いが原因で起こります。

このアポクリン汗腺ですが、
もちろん生まれた時からちゃんと備わっていますが、
赤ちゃんの頃にはイヤな臭いはしません。

ところが、女性でしたらエストロゲンなどの女性ホルモンが活発になり、
女性らしい身体になって行く頃から、わきがに悩む人が出てくるのです。

男性の場合も同じで、声変わりをしたりして、男性らしさが出てくる頃に、
同じように臭いが強くなっていきます。

女性の場合はホルモンの変動が激しいので、
生理前などに特に臭いが強く感じられる方も多いようです。
また、男性にはアポクリン汗腺の成分の中に、
男性ホルモンと同様の性質を持った揮発性の臭い物質が含まれており、
男性ホルモンの分泌量とわきがの程度は深く結びついているのです。

ワキガの臭いの強さは男性性の強さを現しているとも言えるでしょう。
このように、女性ホルモンや男性ホルモンの働きが活発になると、
アポクリン汗腺の働きも活発になることが分かっていますが、
なぜそうなるのか、という点に関しては未だはっきりとは分かっていません。

ただ、そもそもわきがとは異性を引きつけるためのフェロモンの役割をしていたとも考えられるわけで、
女性らしさや男性らしさを形作るホルモンの働きと関係しているのは、
いわば当然のことなのかもしれません。

こう考えてみると、
女性らしい人や男性としての魅力にあふれている人ほどわきがになるリスクも高いわけで、
マイナスにばかり捉えるのはいかがなものでしょうか。

それよりもしっかりと対策をとって、臭いを気にせずに堂々と歩きたいものです。